京都散策とこれから

前述の通り、とりあえずフリーランスのITエンジニアのお仕事ができるようになりました。

さて、起業日記を書くにあたって、これからの働き方について少し思うところがあって軽くまとめてみました。

 

これから

現在の私の本業はITエンジニアというお仕事です。

ITエンジニアというお仕事を続けられる間は、それを続けるという選択肢が一番堅実かと思います。それも悪くはない働き方だと思います。

ですが、私の目指している未来はそこではありません。

 

私にとってITエンジニアとは、まとまった収入を得るための手段であり、やりたいことを実現するための手段のひとつです。

目下のところはITエンジニアとして自分が生活できるだけの収入を稼ぎながら、京都×IT×インバウンドをテーマにしたお仕事をやっていけたらいいなぁと考えています。

 

なぜ京都?

京都というテーマを選んだのは、私自身が京都が好きという点とグローバルなブランド力があるという2つのポイントによるものです。

スマートフォンの普及により、今までインターネットをやったこともなかった人たちが簡単に情報を手に入れられるようになり、今後人々はより豊かになると考えています。

もしかすると、発展途上国がグローバル化によって今後ますます躍進するかもしれません。

一方、我々が暮らす日本という国は、少子高齢化に向かっています。

 

そう考えた時に、インバウンドを主軸においた観光情報ビジネスが今後伸びるのではないかと考えました。

得意分野であるITと自分が住んでいる京都という街の魅力を活かして、外国人観光客をターゲットにしたお仕事ができればいいなぁ……と思いを馳せています。

 

とりあえずやってみる

といっても、私自身は京都に17年くらい住んでいるというだけで、そんなに京都に詳しいわけではありません。

まずは自分自身、京都という街の良さを再認識するために、京の街々をしばらく巡ってみようと思います。

 

その上で、観光情報ビジネスにつなげられたいいなぁと思っています。

 

 

六孫王神社 花見 狛犬とサクラ

六孫王神社にて


Tags:

Leave a Reply